新婚旅行は南米へ 〜2日目・ナスカの地上絵編②〜

こんにちは。

10日間のペルーとボリビアへの新婚旅行記を書いています。

目的は、ナスカの地上絵、マチュピチュ、ウユニ塩湖です。

 

スポンサードリンク

 

めちゃくちゃびびっていますが、ついにセスナ機へ搭乗です。

 

これが我々の乗るセスナ。

小さい、揺れそう、メンテできてる??笑

 

パイロットが出迎えてくれ、順番に写真を一緒に撮ってくれます。

 

 

ちなみに南米はチップ制度があります。

ガイドさんに「1ドルほどチップとして渡せば、優しく旋回してくれますよ」

といわれたので、喜んで1ドル渡しました。笑

パイロットさん優しく飛んでくれ、頼んだぜ。

 

 

 

セスナに乗る前に渡されたチラシ。

地上絵を見る順番が書かれていました。

 

ガイドさん曰く、思ったより地上絵は遠く、頭で形をあらかじめ理解していないと分からない

ということだったので、必死に覚えました。

 

薄くなってきてるっていうもんねぇ。

 

 

 

早速搭乗。

私は前から2番目の席でした。パイロットは2人。

楽しそうに会話していました。

 

 

 

 

出発!

 

 

翼の隣の席だからどうしても入っちゃうんだなぁ、翼が。

30分かけて地上絵のある場所まで飛びます。

 

以外と揺れない、安定している。

 

 

景色は基本砂漠です。思ってたよりも気持ちよくて快適でした^^

いつのまにか30分経ち、パイロットさんが

 

 

「クジラ〜ヒダリガワ〜 …チョットマッテ」

 

 

めっちゃ日本語喋るやん。

チョットマッテと言われてから5分後。

急にセスナ機が旋回。

 

パイロット「クジラ〜コレコレ〜〜クジラ〜ミギガワ〜〜バイバイ」

 

 

早っ!

 

 

その後すぐに左側へ旋回。

パイロット「クジラ〜ヒダリガワ〜〜コレコレ〜」

 

最初ぜっんぜん見えてなかったんですが、最初だけ2回ずつ右と左に旋回をしてくれて、

やっとクジラが見えた!!わー意外とはっきり見えたーー!

 

 

一つ見えだすと、他のも見えやすくなります。

残念ながらこのあとの2つ、コンパスと三角形は私が形を把握していなかったため

気付いたのは旋回が終わった後でした。←

予習大事です。

 

 

旋回時間も10秒ほど。機体が地面とほぼ直角に傾きます。

地上絵が見えてテンションが上がって私は気にならなかったのですが、

怖い人は本当に地上絵どころじゃない旋回の仕方だと思います^^;

 

 

次にみえたぐるぐる。(名前は

ってこれマップに載ってましたっけ?

 

 

宇宙飛行士。

ごめんずっと宇宙人って呼んでた。

でもこの時代に宇宙飛行士っていたの?何故こんな名前を??あとで調べよう。

 

 

 

猿!これもはっきりみえました^^ ウッキー。

 

犬は見ましたが写真が上手く撮れなかったので省略。

 

 

 

 

ハチドリ!ハチドリは2個あるようで、これは一個目の方。

二個目は山の上に平地にありました。

 

 

 

蜘蛛。かわいい。

 

 

 

そしてコンドル。こいつが一番大きくて迫力ありました^^

知っている絵なので、感動も大きかったです!!

 

フラミンゴは写真撮れず、、、

首がびよびよびよ〜ってなってました(分かりにくい

 

 

 

 

オウム。

ちょうどセスナ機の陰が口元に。食べてるみたいになった^^

 

 

 

 

木と手。

この地上絵は近くに高台が設置されており、そこからこの2つを見る事ができるそうな。

他の方のブログで呼んだけど、ちょっとぐらついてそうで怖い。笑

セスナ機だとやっぱり全部見れるのでいいですね^^

 

 

さーて全部見れたわー。旋回も地上絵が見えると

テンションが上がって全然怖くなくなり、むしろジェットコースターみたいで楽しかったです^^

 

 

 

るんるん気分で横をみると

 

 

ずーん。

 

旦那くん、遠いどこかを見つめておりました。笑

 

 

旋回中に必死にカメラを撮っていたのが駄目だったようで

かなり酔ったみたいです。

帰りの30分は目をつむって必死に耐えていました^^;

 

後ろの席を見てみると、他の方も何人か気分悪そうな方が…。

 

全員酔い止めを飲んでいた様ですが、それでもだめだったようです。

私は元々酔わない方なので、大丈夫だったみたい。

 

 

 

30分の帰路も終え、セスナ機から降りて生還〜♪

数名(旦那含む)トイレに駆け込んで行きました。

女性陣は割とけろっとしてる方が多かったです。

 

 

ナスカの地上絵。やっぱり見るととても感動しますので、

南米に行く際はぜひ体験することをお勧めします^^

 

 

 

さて、飛行場をあとにして昼食に向かいます。

ペルーについて初めてのお店でのお料理!

砂漠のように何もないところにいきなりどーんと現れました。

 

 

奥に広いお店でした。

 

なんだかアメリカーンな感じ。照明が可愛かったです。

 

メニューは予め決まっていたので、飲み物だけオーダー。

基本コーラ、スプライト、インカコーラ

フレッシュジュース、ビール、ピスコサワーが

今回の旅行でいくどのレストランにもありました。

(ピスコサワーはペルーだけだったかも)

 

ペルーの国民的飲み物だと事前のリサーチできいていた

インカコーラを注文。あと、おすすめと聞いていたピスコサワーも注文しました。

3ドルと8ドルくらいだったと思います。

ピスコサワーは「アルコール度数かなり強いですが大丈夫ですか?」と一言。

普段会社で中国のきっつい度数のアルコール飲んでるからバッチコイだぜ←

 

 

最初に届いたのは、こちら。

 

いや、食べません。とうもろこしやじゃがいもが主食の南米。

種類がめちゃくちゃ多いそう。その中でも貴重な紫色?黒色のとうもろこしを見せて頂きました。

これをジュースにした飲み物が皆大好きだそうです。

触った感じ、めちゃくちゃ固かったです。おいしいのだろうか。

 

 

 

 

とうもろこしで遊んでるうちに前菜登場。

ポテトサラダです。

 

なんっか、

 

お洒落やん?

 

 

思ってたのと違った。もう少し乱雑にどーんとポテトをマッシュされたのがくると思ってました。

ペルーのごはんお洒落やん?(失礼

 

味も上品で美味しかったです。マヨネーズも重くなかった。

舌触りもなめらか。うまぁ。侮ってた南米料理。

 

 

 

 

こちらがメインです。白身魚を焼いたもの。

これもシンプルな味付けでとても美味しかったです^^

 

ただ隣に添えてあるピーマンのようなもの。めちゃ辛いです。

隣の席の方が食べた瞬間火を噴いていたので、私は食べず←

その下のレタスを食べたのですが。

 

赤いものの味がうつってたみたいで、舌がしびれました。

少し付いているだけで舌がしびれるって…笑

 

 

そしてデザートはクレープにキャラメルソースをかけたもの?

これは、かっっっなり甘かった。

旅行を通して感じたのですが、ペルーとボリビアの甘い食べ物は

甘さが振り切ってる。甘さの限界に挑戦した甘さ。

このクレープが一番マシだったんじゃないかというレベルでした。

 

 

 

ドリンク

 

これがピスコサワーです。

アルコール度数40度もあるペルーでとれるぶどうから作ったお酒をカクテルにしたもの。

レモン汁と卵白と砂糖をまぜて作るんだとか。

 

アルコール度数が高いだけあって喉にカーッときます。

ただ、後味はさわやか^^

美味しく飲めました♪

 

 

 

そしてこれがインカコーラ

 

感想。味はリアルゴールドみたいな感じ。

めちゃくちゃ甘い。

 

これは好き嫌い分かれるかもです。私は普通のコーラが好きでした…。

 

南米初の食事を楽しんだ後、また3時間かけてお宿へ。

 

そして道中の出来事、

ウユニ塩湖でぜひ見たい!と思っていた野生のフラミンゴと遭遇!

 

わーー本物だー!!!

リマは野生の鳥がとても多く、海辺にはペリカンやカモメなどの鳥達がたくさんいました。

その中に、ピンクの鳥が!

フラミンゴがリマまで上ってくるのはとても珍しいそうです。

どうやら今年はウユニ塩湖に水が多く渡れないことが関係しているようんで、、?

ウユニで見れる確率は低そうですが、ここで見る事ができてとても嬉しかったです。

 

私が小学生の頃にみた、ウユニに行きたいと思ったきっかけになった写真は

ウユニ塩湖の水面に飛んでいるフラミンゴの大群が映っている写真でした。

 

野生のフラミンゴを見る事ができただけで、とても幸せです^^

 

 

 

 

ランチしたあとですが、すぐにディナーの話題です。

 

ホテルのレストランでの食事でした。

 

前菜。シーザーサラダ。

味もシーザーサラダ。

 

 

ロモサルタードというペルーの料理。

調べてみると、中国からの移民が広めた料理のようで、醤油ベースの味で

とても日本人の口にあいます!いわゆる牛肉と野菜の醤油炒め!

お肉も柔らかくとても美味しかったです^^

 

 

デザート。

ペルーはフルーツがとても豊富で、フレッシュジュースも日本で飲むより断然安いです!

そして種類がとても多い。フルーツ好きにはたまらない。

真ん中の赤いフルーツは

トゥナというサボテンになるフルーツだそうです。

見た目はスイカ、種が固かったので、種は全部とりました。

あっさりした味で美味しかったです。

 

 

 

隣の新婚さんがビールを頼んでたので、パシャリ。

 

ペルーでよく飲まれているビールだそう。

右のビールをお土産に缶で買ってかえりました^^

 

くせもなく飲みやすかったです。

 

 

部屋に戻って、次の日はなんと4時集合3時起き。

過酷すぎ、、、。

飛行機でクスコに行くそうです。標高が少し高くなるため少し緊張。

また夜はマチュピチュ村に列車でいくためスーツケースは持ち込めません。

手荷物の準備をして、この日は10時に就寝しました。

 

ハネムーンってもう少しゆったりするものでは、、、?笑

 

今日はここまで。続きは次の更新で。

 

旅行会社の探し方について

南米はとりあつかってるツアーの数も他の国と比べて少なく、

値段も様々でした。順番にツアー会社に問い合わせるのが面倒だったので、

 

まずはネットの無料見積もりサイトでだいたいの見積もりを出してもらいました。

複数の会社へ一括で見積もり依頼を出してくれるのでとても便利です♪

 

 

新婚旅行や南米以外のどこに国でも見積もり依頼できるのでオススメです!

 

 

 

ブログランキング参加してます。クリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

楽天ROOMに紹介しているおすすめ商品載せてます♪

SakkoのROOM


スポンサードリンク