新婚旅行は南米へ 〜4日目 バスが危険過ぎ!マチュピチュへ〜

こんにちは。

10日間のペルーとボリビアへの新婚旅行記を書いています。

目的は、ナスカの地上絵、マチュピチュ、ウユニ塩湖です。

 

4日目はついに古代遺跡マチュピチュへと向かいます。

 

スポンサードリンク


マチュピチュ村から出ているバスに乗ってマチュピチュまで行くようです。

 

朝8時頃ですが、既にたくさんの人がバス停に集まっていました。

ほとんど日本人でした。笑

 

 

渡されたのは往復用のチケット。印刷系ばっかなのねー。

QRコードをピッと読み取りパスポートチェックして乗り込みます。

 

バスは山道を走って坂をどんどん上って行くのですが、

この山道が

 

かなり怖い。

 

崖すれすれを結構なスピードで突っ走っていきます。

向かいからバスがきてもスピードを緩めずビュンっと通り過ぎます。笑

 

そして急なカーブを13個上に行くまでに曲がって上ります。

 

 

窓からみえた景色、

いや、地面見えませんやん。崖スレスレですやん。

 

崖くずれ起きたらどうしようと思いましたが

過去に何度か起きてるようです(ヤダー

 

実際8つ目くらいのカーブのところで崖崩れが起き立ち入り禁止になってました^^;

 

スリル満点のバスでした。

 

マチュピチュの上に到着。

ここではレストランとトイレがあり、トイレはチップが必要でした。

 

 

 

 

そして犬。めっちゃおる。

ガイドさん曰く毎朝観光客から餌をもらうため、村から自力で坂を上っているそうです。

 

めっちゃ近づいてきますが、飛びかかったりはしません。

静かに「餌ください」と目で訴えてきます。

 

 

 

トイレをすませ、いよいよマチュピチュに入山です

 

入り口がこちら。チケットとパスポートが必要です。

 

 

マチュピチュは入場制限があるため、必ず予約をしなければなりません。

 

 

ゲートをこえ、歩きます。

早速それっぽいのが見えてきたー!

ここから上っていきます。

 

見上げると

 

リャマのおちりーーーーー。

 

 

ぼくマチュピチュ出身マチュピチュ育ちですねん。って言えるリャマってかっこいいな。

 

木が生い茂る中階段をひたすら上って行きます。しんどかった。

 

 

そして

 

 

おおおお!

 

 

おおおおおおお!!!!!!!!!!!!!

 

これぞマチュピチュ!テレビで見た事ある風景!!!天空の遺跡!!!

写真ではなかなかお伝えできないのですが、

目の前に広がる景色、そして空気感、息をのんだ瞬間でした。

実際に見ると、やはり圧倒されます。

 

さらに奥へ進みます。

 

 

この岩の道は毎年数人が落ちて怪我をしているので気をつけてね

とのこと。

 

 

 

 

進むと、段々畑が見えてきました。あ、またリャマいる。

 

 

やっと顔が見えました。

人には一切興味無し。永遠と草を食べてはりました。

 

 

遠くをみると見張り小屋(だったかな?)

藁葺き屋根のようで、少し懐かしい印象。それにしても、霧がすごいな。

 

遠くにもリャマ。

毎日この絶景を眺めながら過ごしているんですね。

 

 

上の方についたところで、写真タイムとなったので、私も写真タイム^^

マチュピチュと光の勇者なんて早々シャッターチャンスないですよ!!

 

 

ウエーーーーーーーイ!!!!!

 

 

 

 

 

 

どう見てもテツトモにしか見えなくなった我々。

合成に見えるけど、合成じゃないんです。

 

 

 

先ほどの見張り小屋まで移動してさらに撮影。

こちらの背中合わせが一番いい感じに撮れた気がします。ちなみにこの小屋が

一番の撮影スポットなんだとか。

 

隣には監視してるスタッフさん。

どうやら、何人か写真を撮るときにジャンプをしてそのまま落ちてしまい亡くなっているそう、、。

そういう事故が起こらないように、色んな場所にスタッフさんが配備されています。

 

 

 

 

遠くのほうの霧が晴れてきました。

奥のとんがっているところがワイナピチュ。ここもチケットを予め予約しておけば

上る事ができますが、ツアーでは危険なためはずしているようです。

目を凝らしてみてみると上っている人が見えたりします。

かなり急なためたまに滑って落ちて亡くなる方や行方不明になる方もいるそうです。

 

マチュピチュでは基本油断禁物です。

 

 

ずっとテレビで見ていたマチュピチュ!

実際に見てみると本当に迫力が違います。私は今までの旅行で一番感動したのは

バルセロナのサグラダファミリア内部に入った瞬間でしたが、

今回更新したかもしれません。あの神聖な雰囲気にも圧倒されましたが

マチュピチュの目に入ってくる景色、匂い、雰囲気すべてが非日常で、かなりインパクトがありました。

 

 

このあといよいよマチュピチュの遺跡に入り、詳しい説明を聞きました。

それはまた次に軽く紹介したいと思います。

 

 

 

旅行会社の探し方について

南米はとりあつかってるツアーの数も他の国と比べて少なく、

値段も様々でした。順番にツアー会社に問い合わせるのが面倒だったので、

 

まずはネットの無料見積もりサイトでだいたいの見積もりを出してもらいました。

複数の会社へ一括で見積もり依頼を出してくれるのでとても便利です♪

 

 

新婚旅行や南米以外のどこに国でも見積もり依頼できるのでオススメです!

 

 

 

ブログランキング参加してます。クリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

楽天ROOMに紹介しているおすすめ商品載せてます♪

SakkoのROOM

 

 

instagramのアカウントです。

 


スポンサードリンク