新婚旅行は南米へ 〜4日目 マチュピチュの遺跡内部へ〜

こんにちは。

10日間のペルーとボリビアへの新婚旅行記を書いています。

目的は、ナスカの地上絵、マチュピチュ、ウユニ塩湖です。

 

やっとマチュピチュへ着きました。

スポンサードリンク


上からおなじみの景色を眺めたあと、いよいよ遺跡の中へ入って行きます。

 

 

階段を降りて遺跡に近づきます。

 

 

見上げるとさっきまでいた見張り小屋が。たかーい!

 

段々畑の方も見えますね。

 

 

入り口をくぐって、中に入り王様の寝室などを見せていただきました。

 

 

ここが寝室だったかな。

石の積み方に注目。下半分は綺麗に積まれていますが、上半分はなんだか雑。

 

これ、下半分が当時のままで

上半分はあとから修復して積み上げたものだそうです。

 

クスコの街でも思ったけど、、なんか、雑。(コラ

 

これだけ美しく積み上げるためには石を一つずつ地道に削っていかないとだめですし

やってらんないんですかね、、。

 

それにしてもほんと当時の人たちは変態だなぁ。と思いました(コラ

 

 

 

 

 

この美しさ、変態すぎでしょ(何度でも言う

 

 

乱雑に積まれた石にはカタツムリがいました。

マチュピチュ、結構虫がいます。今回私は刺されませんでしたが

基本虫除けスプレーが必須で、刺されることがあるそうです。

ツアーの人にもそういった人はいなかったし、スプレーもしてなかったし、、

季節的に大丈夫だったんかな…?

 

 

白いおじさんが遺跡のあちこちにいます。そしてこっちを見ています。

落ちないよう見張ってくれているようでした。

また修復作業も同時に行っているそうです。

 

こちらが修復作業を行っていたおじさん。

石の上の雑草をとりのぞき、その上に土を置いて石を積み上げて行くそうです。

 

めっちゃ歌ってました。

 

 

この穴はミイラを作成するところだそうです。ひえー。

 

 

ここがワイナピチュの入り口。

この日はもう予約客の案内がすべて終わっていた模様。

登りたかったような、登りたくなかったような

 

山の表面に見える白い筋。

これ、私たちが乗ってきたバスの道です。あの、怖い道です。

この時もバスがスピードぎゅんぎゅん出して飛ばしてました。笑

 

 

冷蔵庫をみせてもらったり、用水路をみたり、

マチュピチュはガイドさん付きで行くと尚理解が深まって良いですね!

とても勉強になりました。

段々畑を通って帰り道へ。

 

 

 

遠くでもおじさん達が修復をしてらっしゃいました。

 

最終的には屋根をつける予定なんだとか。

屋根がついてしまうと、またあの景色も変わりそうですね!

楽しみです。

 

 

マチュピチュは全部で3時間ほどで回りました。

 

出口を出たところで、突然の土砂降り!!!

 

山の天気は変わりやすい。というやつです。

なんせタイミングがとてもよかったです。この日は雨予報だったのですが

マチュピチュ観光すべてが晴れてくれてとても助かりました。

 

出口のすぐ前にあるレストランで食事を。

かなりの人で20分ほど待ちました。

 

 

待っている間、ふと旦那の足下を見ると。

うぉぉぉい。雨宿りしてるでぇ。

 

わんこさん何食わぬ顔で旦那を雨よけにしておりました。やりおる…。

 

 

かなり待ったので食事は20分しかありません。笑

 

このチケットで中に入ります。

 

レストランはブッフェ制。

 

 

 

穀物系が多いです。

 

炒飯のようなものや

醤油味のパスタ

 

デザートもなかなか豊富。一番右のはナスカでみた

紫のトウモロコシを使ったデザートです。

 

パンもたくさん

 

 

野菜も

 

なんだっけ。

 

ピザとラザニアもありました。なんだか懐かしい。

 

そしてここでも生演奏。

CDを売ってました。旦那のお父さんに購入すればよかったなぁと思いましたが

関西の駅でも買えるので、、、笑

 

腹ごしらえも終え、帰りのバスへ。

 

これが、地獄でした。

土砂降りの中あの坂を下るんです。猛スピードで。笑

 

死ぬかと思いました。

 

あまりにもテンションが下がったので写真一切撮ってません笑

 

 

 

駅につき、クスコに帰るための列車を待つ間

マチュピチュ村の駅近くのお土産通りで時間をつぶしました。

 

こんなお店がたくさんあります。ごちゃごちゃ感がたまりませんね^^

旦那はポンチョを必死に探してましたが

男もんのポンチョはないよと言われてました。どうしてほしいんだ、旦那よ。

 

ちなみにこちらでは値段はついておらず、交渉制です。

希望の値段より低めに提案して、値切り合戦をするとよいそうです。

 

私も挑戦しましたが、悲しそうに無理。。といわれて、引き下がりました(弱小

 

 

列車に乗ってクスコに着きました。

 

ホテルまでのバスの途中、有名なホテルを見せてもらいました。

 

これです。

崖に建っているカプセルホテルです。ガラスでできているそうで、

景色をみながら宿泊できるそう。怖いワ!!!

 

正式名はスカイロッジ アドベンチャー スイート(Skylodge Adventure Suites)

ぜひ内装は検索してみてください。

私は多分無理^^;

 

 

ちなみにホテルに行くには、400mもの崖を昇必要があるんだとか

これ、中間地点かな、、?

紐が一本ふらさがっていたりはしごが置いてあったり、

もう行くだけで大変そうです。

ちなみにこの時本日宿泊する予定の方々が登る準備をしているところでした。

 

世界には色んなホテルがありますね!!

 

 

 

途中のトイレ休憩の場所にいたリャマ。アルパカもいました。

 

すっかり日も暮れてクスコのホテルへ着きました。

綺麗なフロントです。

 

 

無料でコカ茶が飲めます。

 

 

お湯にダイレクトにコカの葉をどーんといれます。

コカ茶は甘めで本当に美味しいです。日本に持って帰れないのが悲しい!!!

 

 

お部屋。

 

 

ここでのハネムーンタオルはバラのはなびらが置かれていてお洒落でした♪

 

そして夕飯。ホテル内のレストランでした。

 

スープ麺、、?味がとっても薄くて、お腹に優しい感じでした。

味が本当に薄かったです。笑

 

チキン。こちらは美味しかったです。

 

 

 

ケーキ。甘かった。今回もびっくりするくらい甘かった。

 

 

クスコでは夜は外出禁止でした。

次の日聞いた話ですが、ホテルのすぐ隣の通りで酔っぱらいさんたちが

かなり暴れていたそうです。

南米の街では基本夜の外歩きは駄目ですね。

 

今回はここまでです。

読んでいただきありがとうございました。

いよいよ次から念願のウユニ塩湖へ向かいます。鏡張り見れるかな〜!!

 

旅行会社の探し方について

南米はとりあつかってるツアーの数も他の国と比べて少なく、

値段も様々でした。順番にツアー会社に問い合わせるのが面倒だったので、

 

まずはネットの無料見積もりサイトでだいたいの見積もりを出してもらいました。

複数の会社へ一括で見積もり依頼を出してくれるのでとても便利です♪

 

 

新婚旅行や南米以外のどこに国でも見積もり依頼できるのでオススメです!

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加してます。クリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

楽天ROOMに紹介しているおすすめ商品載せてます♪

SakkoのROOM

 

instagramのアカウントです。

 


スポンサードリンク