新婚旅行は南米へ 〜5日目 ウユニ塩湖のすぐ隣!塩のホテル〜

こんにちは。

10日間のペルーとボリビアへの新婚旅行記を書いています。

目的は、ナスカの地上絵、マチュピチュ、ウユニ塩湖です。

 

 

ラパスから飛行機にのり

ウユニの空港へ移動しました。

スポンサードリンク


あたりはもう夜!まっくら!

 

飛行機を降りたところ。

あたり一面、なーーーーんにもありません!

かつて人生で海以外にここまで遠くまで何もない景色を見た事があったでしょうか、、。

ちなみに地面が白いのは雪じゃありません。塩です。

 

ジープに乗り込みホテルへと向かいます。

ウユニ塩湖でのホテルは、塩湖のすぐ横にあるパラシオ・デ・サル(Paracio de Sal)というホテル。

ウユニ塩湖の隣にあるホテルの中で一番古く、初めて塩で作られたホテルだそうです。

 

 

どーん。

この柱もすべて塩でできています。

 

 

 

 

お部屋。

 

 

 

 

 

ベッドも壁も天井もすべて塩!!

すごく素敵なお部屋でした^^

 

洗面所

天井が乳白色の素材でその上は外!

朝はとても明るくて良かったのですが、昼間は日差しがすごくて

洗面所だけ燃えるような暑さでした笑

 

 

晩ご飯はホテル内にあるレストランにて。

 

左側のお肉はリャマの肉でした!

ここにきて初めて変わったお肉がでてきて嬉しかったです。

リャマの肉は臭みも少なく、歯ごたえがあっておいしかったです。

 

ぶたかな。

 

 

ビーフとじゃがいもを炒めたもの

野菜炒め等。

すべて美味しそうだったのですが、

どうも高山病の影響なのか食欲がなくあまり食べれなかった…

 

高地にいるとどうしても消化機能が低下するので

たくさん食べない方がよいそうです。

腹8分目までにしてください。とツアーでは言われていました。

 

ちなみに、私たちが行ったのは新月のタイミング。

ウユニ塩湖で最も星空が綺麗に見えるタイミングだったので

旦那と星空を撮影する練習をするため

夜は外出^^ といってもホテルの外にいくだけですが。

 

ホテルを散策していると、天井に素敵

なラウンジがありました。

 

ホテルの外観です。

周りにはほぼ何もない状態。このホテルだけがポツーンとあります。

 

 

ホテルの周辺で撮影。

 

はい、カメラは2人とも素人です。笑

明るさが足りませんね。

 

これが私たちの限界でした笑

ピントを合わせるのが難しかった、、、。

 

星空撮るときは日本で練習してから行きましょう。

 

部屋に戻るときにネコと遭遇。

 

にゃーーーん

 

このかたとても人なつっこくてひたすら喉を鳴らして

ひっついてきます。

添乗員さん曰くゴロゴロの安売りだそうです。笑

 

このホテルの飼い猫ですかね。

 

 

とても可愛かったです^^

 

 

次の日はいよいよウユニ塩湖へ撮影いきます。

集合時間は朝10時!

久しぶりにゆっくり寝れます!笑

 

私たちはウエディングフォトを撮る予定なので準備で早めに起きますが、この旅ではほぼ4〜5時間睡眠だったので助かります。

 

今日はこのへんまで。

読んでくださりありがとうございました。

 

 

ブログランキング参加してます。クリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

旅行会社の探し方について

南米はとりあつかってるツアーの数も他の国と比べて少なく、

値段も様々でした。順番にツアー会社に問い合わせるのが面倒だったので、

 

まずはネットの無料見積もりサイトでだいたいの見積もりを出してもらいました。

複数の会社へ一括で見積もり依頼を出してくれるのでとても便利です♪

 

 

新婚旅行や南米以外のどこに国でも見積もり依頼できるのでオススメです!

 

 

 

楽天ROOMに紹介しているおすすめ商品載せてます♪

SakkoのROOM

 

instagramのアカウントです。

 


スポンサードリンク