新婚旅行は南米へ 〜5日目 標高4000m越えの空港へ!ラパスへ移動〜

こんにちは。

10日間のペルーとボリビアへの新婚旅行記を書いています。

目的は、ナスカの地上絵、マチュピチュ、ウユニ塩湖です。

 

いよいよウユニ塩湖へと向かうため、まずは

クスコから飛行機へ乗り込みボリビアのラパスへと向かいます。

 

スポンサードリンク


ラパスに向かうには、ラパスの近郊にあるエル・アルト空港という場所に行きます。

この空港、なんと主要都市の中の空港の中で世界最高標高の空港だそうです。

標高は4150mほど出そうで、添乗員さんからは

飛行機から降りたら、ゆっくりはしゃがず行動するようにしてくださいと念を押されました。

 

飛行機でいきなり標高の高い所に行くため、身体がついていけないようです。

息苦しさを感じたら3分間深呼吸をすると良いとのことでした。

 

 

ラパスの上空を通ります。他の都市と違って10階ほどありそうな

ビジネスビルのようなものが建っているのが印象的。

 

BB

空港に降り立ちます。

 

空気が薄いのは始めはあまり分かりませんでしたが

時間が経つにつれ、なんとなく身体が重い。息もしにくい感じ。

これが空気が薄いという感覚かぁ。と思う。

 

入国審査も終えボリビア入国!

 

 

売店にて。

タバコは吸わないけどパッケージデザインが気になったので。

 

 

 

 

ウユニ塩湖ではトイレのチップ、他お土産やさんでは

ドルが使えない所もあるとのことで

空港内の両替所でドルをボリビアーノに替えます。

20ドルだけ替えました。

 

 

空港内の売店に、何故かまどマギのほむらさんがいました。

しかも悪魔ほむ。

 

 

なんで?

多分横の2つも日本のアニメキャラよね?

 

 

なんで?

 

「世界最高標高の空港には悪魔ほむらのフィギュアが置いてある」

 

金のメロンパンもらえるかしら。

思わずソラ達も並べたくなりました。笑

 

話を戻しますが、空港から出てバスに乗り込みます

高山の影響が出てきたのか

クラクラしてきて、更には手足がビリビリしびれてきました。

 

日本から持ってきたポカリスウェットの粉を使ってポカリを作ります。

高山病対策にはとにかく水分をとること。

 

 

水分を補給しやすいように、ポカリを勧めてもらったのですが

今回の旅行で一番持ってきて良かった持ち物の一つだったと思います。

6袋くらい持ってきましたが、すべて使いました。

 

 

早速ラパスへと向かいます。

窓のないビルがちらほら。(人はいました)ガラスって高いんだろうか、、。

 

空港はラパスの近郊の街にあり、このあたりは以前は

ラパス市内だったそうです。それが数年前に分裂し独立したそうです。

 

この地域は

標高が高ければ高いところほど、貧困になっていき

土地の値段も安くなっているそう。

 

神戸の芦屋とは逆ですね。←

 

この辺の人々はラパスへと働きにいくため、毎日1000mも山を下るんだとか。

 

 

 

 

 

 

ぐねぐねした坂道をどんどん下がっていきます。

 

 

鉄骨がむき出しの建物や窓がない建物だらけ。

 

 

20分ほどバスに揺られ坂を降り、ラパスへ到着。

ロープウェイに乗るために駅につきました。

 

ラパスはロープウェイが有名で、電車のように市民の人たちが

毎日使っているそうです。

そして今もいくつかのロープウェイが新しく建設中で、

最終的には合計11本のロープウェイをラパスにおき

ギネス登録を目指しているそうです。

 

 

 

今回は緑のロープウェイにのります。

線によって色が違うようです。

 

チケット。

このチケットはガイドさんが税金対策に必要だと言って回収して行きました笑

 

 

地図。

 

 

 

早速乗り込みます。スピードがかなり早くて怖かったです。

10人乗り。たくさん入れます。

 

 

 

 

ラパスはビルが多くて新鮮でした。

大きい街なんですね。

 

 

 

このあたりは大きい家が多く、

いわゆる富民層が住む地域だそうです。家でかーー!

 

 

10分ほど揺られ3つ目の駅でロープウェイをおりました。

 

 

 

駅のトイレ。チップを払ってトイレットペーパーをもらって入ります。

人件費が気になりますね。

 

 

 

バスに乗り込みランチです。

 

この日のランチはまさかの日本食!

そろそろお米が恋しくなってきたのでとてもありがたいです!

ボリビア料理はあまり美味しくないと聞いていたので、ツアーでは日本食なのかしら、、

でもボリビア料理食べたかったなー。。。

 

 

 

店内。結構賑わってました。日本の漫画がたくさんおいてありましたが

日本語。読める人いるの、、、?

 

 

こちらは旦那が頼んだ鶏の照り焼き。

わーーいごはんとみそ汁と天ぷらだーーー!

とてもテンションが上がりました。

 

 

そしてお隣の方の魚定食を撮影させていただきました。

こちらもとても美味しそう!天ぷらはかき揚げです!

 

 

 

そして私の唐揚げ定食!

 

…..思ってたんと違う!!!!!

 

めっちゃ中華やん、みそ汁とごはんやなくて中華スープと炒飯やん!!!

日本食レストランやし唐揚げ頼んでも日本風なもんでくるやろーと思ったのが

間違いでした。

 

でも美味しかったです。笑

 

 

 

みそ汁は旦那のを少しもらいました。さいこーでした。

 

 

 

 

ドリンクはこちらで人気でさらに日本人の口にもあるトゥンボという

フルーツのジュースを注文。

あっさりしてて、甘くて後味すっきりでした。

マンゴーをうすーくした感じ、、?

 

日本人が好きな味。納得です。

 

 

ランチを終えラパスの街を観光します。

大きい都市で更に大使館情報によると、準危険度と表記されている

都市です。こんな表記みたことなかったので私もびびりまくり。

ヨーロッパと違ってスリ+下手すれば殺される場所です。

海外初の旦那くんには何か取られても絶対に反抗しないようにと念を押していました。

 

しかし、大きい一眼レフも出すのをためらっていましたが、

聞いてみると添乗員さん曰く「全然大丈夫ですよ〜」とのこと。

 

ツアーで団体なので、少し安心なんですかね??

スリが多いのでバッグは前に持ち、気をつけてくださいとだけ言われました。

拍子抜け。

 

 

ただ、やはり視線は痛かったです。

怖い顔したお兄さんが私たちの団体のまわりに付いてきたり

おっさんがかなり至近距離でこっちをじっと見てたり。本当に近かった笑

 

ヨーロッパと違う雰囲気に少したじたじでした…笑

 

 

 

観光地のメイン広場。

ここは鳩がかなりいます。ヴェネツィアの広場並に鳩がいます。

まわりには鳩の餌を売っている人たちも。

 

かなり鳩が増えたため、一時鳩を殺処分する計画もあったようですが

反対が多く、いまは去勢をして対処しているようです。

追いついてないような気もしますが。

 

 

 

 

まわりの建物。かなり古いものだそうです。

国からお金がもらえるので修復は割とされているのですが、

真ん中のビルの家主は修復をしなかったため

国がビルを買い取ったそう。これから修復されるようです。

 

 

広場でお金をかぞえる子供。

 

 

場所をかえ、お土産通りに移動。

 

 

 

たくさんお土産屋さんが並んでいる場所につきました。

そして観光地の魔女通りへ。

 

アルパカ商品をおいたお土産屋さんがたくさんあります。

なぜか日本人デザイナーのお店も。

 

 

 

(※ミイラ画像です。 クリックすると大きくなります。)

魔女とおりにお土産屋さんの天井にはたくさんの

アルパカの子供のミイラが…。

 

 

(※ミイラ画像です。 クリックすると大きくなります。)

 

どうやら儀式に使うようで、

アルパカの赤ちゃんのミイラと

砂糖?で作った飴のようなものを一緒に焼く事で

金運がアップするのだとか。

 

 

この儀式が魔女の由来かと思っていたのですが

昔この一体で薬草を使って病気を治していたそうで

そのせいで魔女通りというわれるようになったそうです。

 

 

 

こちらは恋人ができるお守りだそうです。

お土産に人気でした。3ドルと高かったですが、隣のお店は1ドルでした。

色んなお店で売っていたのでお値段を比較してから買いましょう。

 

 

土産やの奥まったところにあった衣装の展示。

ボリビアのお祭りで使われるものだと思います。

 

 

すっごい派手。

 

 

そして怖い。

 

 

 

お土産タイムもおわり、雨がかなりふってきました。

バスへ乗り込んで、もう一度空港へ戻りいよいよウユニへと向かいます。

 

 

 

バスから見えた犬の群れ。

色んな種類がいますね。 ボーダーコリーっぽい模様の子がいて可愛かったです。

 

 

 

ウユニへ行く飛行機は小さかったです。

よく揺れそう。。。

 

 

 

次回はウユニで泊まった塩のホテルについて書こうと思います。

読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

ブログランキング参加してます。クリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

旅行会社の探し方について

南米はとりあつかってるツアーの数も他の国と比べて少なく、

値段も様々でした。順番にツアー会社に問い合わせるのが面倒だったので、

 

まずはネットの無料見積もりサイトでだいたいの見積もりを出してもらいました。

複数の会社へ一括で見積もり依頼を出してくれるのでとても便利です♪

 

 

新婚旅行や南米以外のどこに国でも見積もり依頼できるのでオススメです!

 

 

 

楽天ROOMに紹介しているおすすめ商品載せてます♪

SakkoのROOM

 

instagramのアカウントです。

 


スポンサードリンク